診療案内

内科

病院と飼い主さんが二人三脚で治療を行っていきます。

  • 内科
  • 質の高い医療と分かりやすい説明で飼い主さんに寄り添う治療を。

    最近、ワンちゃんやネコちゃんの体の調子はいかがですか?
    その変化に気づいてあげられるのは飼い主さんだけです。
    なにか気になることがありましたら、ぜひご相談ください。
    わたしたちはペットと飼い主さんの安心と健康のお手伝いをいたします。

治療の手段はひとつではございません。

飼い主様とご相談しながら、決めていきます。

外科

小さな傷から大きな手術まで。

  • 外科
  • 様々なケースにおいての手術も対応可能です。

    避妊、去勢手術や外傷の処置など、ペットと生活を共にする上でのアクシデントはつきもの。 そんなときでも、ペットと飼い主さんに安心してご来院いただけるように、安全で迅速な外科手術を心がけております。

症例紹介

ミニチュアダックスフンド 10 歳 去勢雄 歯槽上顎炎・歯周病

目の下が腫れてきたとのことで来院。重度の歯周病および上顎歯槽縁より膿が排出されていました。稟告にあった左上顎(左眼下)だけでなく口腔内X線によりほぼすべての部位に歯周病が確認され抜歯に至りました。術後4~5 日で左眼下の腫れはなくりました。

  • 処置前
    処置前
  • 処置前
    処置前
  • 口腔内X 線写真右上顎P4M1
    口腔内X 線写真右上顎P4M1
  • 口腔内X 線写真左下顎P4M1
    口腔内X 線写真左下顎P4M1
  • 処置後
    処置後
  • 処置後
    処置後

ポメラニアン 7 歳避妊雌 X 脱毛症

数か月前から首から下が徐々に脱毛し地肌が広範囲で見えるようになったとのことで来院されました。

  • 治療前
    治療前
  • 治療前
    治療前
  • 治療開始から1.5 か月
    治療開始から1.5 か月
  • 治療開始から1.5 か月
    治療開始から1.5 か月
  • 治療開始から4 か月
    治療開始から4 か月
  • 治療開始から4 か月
    治療開始から4 か月

検診

病気の早期発見には、定期的な検診が重要です。

  • 検診
  • 動物たちは人間よりも5~6倍のスピードで年をとっていきます。

    症状など気づいたことがありましたら、できるだけ詳しくお教えください。獣医師が問診・身体検査を行いながら、病気や対処についてご説明いたします。
    問診・身体検査だけでは診断がつきにくい場合は、より詳しい検査が必要となってきます。
    飼い主さんの言葉で、ペットの変化をお聞かせくだい。